初めてのお葬式でも慌てない!?葬儀場の利用などに関する豆知識をご紹介!

当サイトでは初めてのお葬式でも慌てないための、葬儀場の利用などに関する豆知識をご紹介しています。
いざというときのために知っておきたい内容となっているので、目を通しておくと安心です。
斎場は民間だけでなく公営や町営などの施設もあります。
選ぶ際には参考にしてみると良いかもしれません。
民営のセレモニーホールは葬儀社が運営を行っているので、葬式全般の手配が可能だという特徴があります。
希望する葬儀にあったところを選ぶと良いでしょう。

初めてのお葬式でも慌てない!?葬儀場の利用などに関する豆知識をご紹介!

お葬式をするためにはどのように葬儀場を利用すれば良いのか、という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。
葬儀場として利用できるところには公営や民営の斎場のほか、自治体のコミュニティセンターやお寺・協会などがあります。
どのような方法でお葬式をしたいかを事前に考えておくと安心です。
公営の葬儀場は自治体が運営する葬儀場で、基本的に住んでいる人向けとなっています。
民営の葬儀場は公営よりも料金が高めですが、便利な立地にあることが多いです。

葬儀場はセレモニーホールや葬儀会館などいくつかの呼び名がある斎場

葬儀場とは文字通り、葬儀を執り行う場所を意味するもので一般的は斎場などのように呼ばれることが多い施設です。
他にも、メモリアルホールや葬儀会場などいくつかの呼び方が存在しますが、これらの施設に加えてお葬式で欠かせないのが火葬場の存在であり、火葬炉がところと設備を持たない2種類が存在しているのが特徴です。
火葬場は自治体が運営を行っている火葬炉を持つ施設であり、主に公営です。
東京都内は火葬炉があるところは2か所のみで、他は民間企業が運営を行う民営会場です。
また、斎場など葬儀場はお通夜や告別式などお葬式全般を執り行う場所で、これに火葬炉があるのか否かの違いと運営が民営もしくは公営の違いなどで分類されます。
ちなみに、葬儀社が完備しているメモリアルホールも葬儀場の一つになるわけですが、葬儀社は民間企業であり別の場所にある火葬場を利用するため、葬儀場はお通夜や告別式などお葬式を行う場所として使うことになります。

葬儀場は通夜・葬儀式・告別式などの葬儀の儀式全般を執り行う施設

葬儀場とは何か、大まかなことは分かっていても斎場との違いを聞かれると正しく説明が出来なかったり、改めて考えると違いが分からない人も多いのではないでしょうか。
基本的に両者に違いがあるわけではなく、いずれもお通夜・葬儀式・告別式など儀式全般を執り行う場所で、大きく分けると民間企業が運営母体になる民営斎場と自治体が運営を行う公営斎場の2種類があります。
また、日本は火葬式が一般的で火葬場と呼ぶ施設で故人を火葬することになるわけですが、このような施設を運営しているのは主に自治体であり公営の葬儀場を使うことで1つの場所で、お通夜・葬儀式・告別式、そして火葬式医一連の葬儀を行うことができますので、その都度移動するなどの手間を省けるメリットもあるのではないでしょうか。
葬儀場によっては、お通夜のときに遺族が宿泊できる設備を完備しているところやお葬式の会食などで利用できる場所および食事や飲み物の提供を可能にしているところもあるなど様々です。

葬儀場の中には葬儀後の会食や遺族の宿泊が可能な施設もある

お葬式で最初に執り行われるのがお通夜ですが、これは僧侶による読経とお焼香に続いて、喪主・遺族・近親者の順番にお焼香を行ってその後は一般の弔問客が行うなどの流れで行われるもの、慰問客はお焼香する前後に遺族に対して黙礼を行うのがマナーで遺族は座った状態でそれに応えるケースが一般的なスタイルです。
一般的には、夕方の6時から7時頃から始まって2~3時間かけて行われる形になりますが、実際には夜通し灯りを消すことなくご遺体を見守る儀式であり、葬儀場で宿泊する形になります。
ただし、葬儀場全てに宿泊施設があるわけではありませんし、葬儀場の中にはろうそくを一晩中つけておくことができない施設もあるといわれており、この場合はLEDを使ったろうそくで代用されることもあるようです。
また、お通夜のときには通夜振る舞いのための専用の部屋や食事および飲み物の提供もしくは手配が可能な葬儀場もありますし、葬儀社が運営を行っているメモリアルホールなどではこれらの完備が整っている施設が多くあるのが特徴です。

葬儀場は火葬炉がない斎場で火葬式は火葬場に出向く必要がある

お葬式の日程を決めるときのポイントは、死去してから火葬や埋葬までの時間で火葬および埋葬は死後24時間以上経過していなければ行うことができない法律で決められている点です。
そのため、ご遺体は安置しておく必要があることが分かるのではないでしょうか。
葬儀場の中には、ご遺体を安置できる施設もあるけれども施設内に設備がない場合は葬儀社に依頼して霊安室などで保管管理をする形になります。
葬儀場も混雑しているときなどは、数日以降にお葬式を執り行うことになったり火葬場が混雑していると数日間待たされることもあります。
夏時期などの場合は、気温そのものが高くなるのでドライアイスを使ってご遺体の状態をより良いものにしなければなりませんので、安置できる設備がある葬儀場は人気が高めです。
なお、葬儀場は斎場とも呼ばれるお葬式全般を執り行うための施設になるのですが、火葬場が併設されているところと火葬炉を持たないところがあり、火葬炉がない場所でお通夜や告別式を行う場合は火葬式のために移動が必要です。